ルイージが永遠の二番手から緑の人気者になり、マリオに並ぶほど有名になった話

スポンサーリンク

 

どうも、スーパールイージです。

 

スーパールイージを名乗るからには、

ルイージのことをよく知っていないと!

 

ということで、今回はルイージが歩んできた歴史を追ってみましょう。

 

 

いやー、ルイージファンを自負してはいますが、

「ルイージ」とあからさまに調べたことはなかったので、

思いのほか新鮮な気持ちになりました(笑)

 

スポンサーリンク

ルイージの歩み

ルイージ

 

今となっては知らない人を探す方が難しいんじゃないかというくらい

有名なゲームキャラクターです。

 

永遠の二番手緑の人気者などと呼ばれることもあります。

いわゆる二つ名ってやつですね(笑)

 

ここ数年はルイージも馴染み深いキャラになってきているので、

永遠の二番手よりも緑の人気者と言われることが多くなってきたように思います。

 

 

あのマリオの弟であるというのも有名ですよね!

実はマリオルイージは双子なんですよ!

そりゃあルイージも有名になるというものです。

 

 

そんなルイージですが、

登場してから絶大な人気を誇り続けているマリオとは違い、

初めて表舞台に立った頃は知られざる存在だったとか。

 

ルイージ緑の人気者と呼ばれるようになるまでに

どんなことがあったか、見ていきましょう。

 

 

ルイージの双子の兄、マリオの誕生!

ルイージを語る前に、マリオがどのように

有名になっていったかを見てみましょう。

 

マリオの初登場作品は、

1981年に世に出たアーケードゲーム、「ドンキーコング」。

 

「マリオよりドンキーの方がメインだったのか・・・」とか、

「マリオの初登場ってスーパーマリオブラザーズじゃなかったのか・・・」とか、

この時点で意外な事実だと感じるかもしれませんね(笑)

 

「ドンキーコング」が売れ、主人公だったマリオ(ドンキーは悪役でした)

も知られるようになっていきました。

 

マリオにまつわる面白い話も多数ありますが、

今回はあくまでルイージの話です。

 

いずれマリオのこともまとめてみたいですね。

 

 

じゃあ、次こそスーパーマリオブラザーズか!?

と思いきや、ファミコンの前にゲーム&ウオッチというハードでも

マリオたちは登場していたのです。

 

 

その名はルイージ!マリオに双子の弟がいた!

ファミコンの前のハード、ゲーム&ウオッチ。

 

昔のゲームを知らなくても、

最近のスマブラを遊んだことがある方なら

聞き覚えがあるかもしれません。

 

 

実は、マリオはゲーム&ウオッチのゲーム

「マリオブラザーズ」で主役を飾っていたのです。

 

「スーパーマリオブラザーズ」とは全然違うゲームですよ。

 

「マリオブラザーズ」にはもう一つ大事な要素があります。

そう、ルイージの初登場作品なんです。

 

「マリオブラザーズ」はゲーム&ウオッチのゲームですから、

画面は白黒で色の区別はできませんでした。

 

しかし、パッケージではマリオ

ルイージの帽子を着用しており、

ルイージが初登場した時点で色のイメージはあったようです。

 

登場初期のルイージは、

あまりマリオとの体格差はなく、

服と帽子の色が違うだけでした。

 

 

ルイージが個性を発揮!マリオとの差別化

最初はマリオの色違いでしかなかったルイージですが、

ついにマリオと異なる個性を発揮し始めます。

 

ルイージが初めてマリオと差別化された作品、

それは、1986年発売の「スーパーマリオブラザーズ2」。

 

あれ?

「スーパーマリオブラザーズ」は??

 

「スーパーマリオブラザーズ」では2Pプレイ用のマリオの色違いでした(笑)

 

「スーパーマリオブラザーズ2」でルイージの何が変わったのかというと、

マリオよりもジャンプ力が高いかわりに

滑りやすいという特徴が付けられました。

 

この特徴は以降の作品のルイージにもよく見られるので、

この頃からルイージの個性のベースができていたんですね!

 

 

能力の他にも、性格も違いますよね。

マリオはポジティブで勇敢、

ルイージはネガティブで臆病。

 

そんなイメージがありませんか?

 

 

「スーパーマリオブラザーズ」が流行ったことにより、

マリオルイージを題材とした

アニメ、漫画などが多く生まれました。

 

ルイージのネガティブな性格は、

実は漫画キャラのルイージから来ているんです。

 

漫画で「永遠の二番手」「報われない」といった部分がクローズアップされ、

卑屈っぽいキャラとして描かれたのをきっかけに、

ゲームのルイージもキャラ付けされたようです。

 

僕はてっきり「ルイージマンション」あたりから

キャラ付けが固まったのかと思ってました(笑)

 

「ルイージマンション」では、漫画で描かれていた卑屈っぽい性格よりも、

今に続く気弱で臆病な性格にシフトし始めたのではないかと思います。

 

それでも、いざという時はマリオにも負けない

勇敢さを見せることもあるあたり、

さすがは兄弟! といった感じですね(笑)

 

 

ところで、「ルイージマンション」と言えば

ルイージが初めて主役を務めた作品ですね。

 

 

ルイージがついに主役に!

ルイージが初めて主役を務めたゲーム、

「ルイージマンション」は2001年にゲームキューブ用ソフトとして発売されました。

 

ルイージが初めての主役というだけでなく、

ゲームキューブの記念すべき1作目のソフトでもあります。

 

 

実は、海外では「Mario is Missing!」という作品が

初めてルイージが主役を務めた作品とされていますが、

ルイージを生んだ任天堂が直接関わっているわけではなく、

ライセンスを受けた別の会社が製作したもののようです。

 

「Mario is Missing!」が日本では販売されていなかったこともあり、

ルイージが初めて主役を飾った作品は

「ルイージマンション」だとされることが多いようです。

 

しかも、当時を知る人たちからは、

「Mario is Missing!」はク○ゲーだと言われているとか・・・(笑)

 

 

ルイージマンションの次にルイージが主役を飾ったのは、

2003年発売のゲームボーイアドバンス用ソフト「マリオ&ルイージRPG」。

 

一応マリオルイージのW主役ですが、

マリオが一番の主役とみられているようです。

 

ルイージもかなり活躍するんですけどねぇ〜。

主人公歴の差でしょうか(笑)

 

 

ルイージ生誕30周年記念! 2013年はルイージの年!

「ルイージマンション」以降、「マリオ&ルイージRPG」3作品に出たくらいしか

主役級の活躍が見られなかったルイージに、

再び主役のチャンスが回ってきます。

 

2013年3月に発売されたNintendo3DS用ソフト「ルイージマンション2」です。

ルイージ一人が主役となるのは

「ルイージマンション」以来、約11年半ぶりです。

 

 

狙ったのか偶然なのか、2013年はルイージ生誕30周年で、

ルイージの飛躍の年となりました。

 

WiiU向けソフト「NewスーパーマリオブラザーズU」が

「NewスーパールイージU」として新たに作られたり、
(僕が名乗るスーパールイージの名前の由来はこれじゃないです(笑))

 

「マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー」では

ルイージの夢の中が舞台になったり、

 

ゲームボーイの時代に流行った「Dr.MARIO」が

「Dr.LUIGI」としてリメイクされたり。

 

記念グッズが作られたりもしました。

 

 

ルイージの年と銘打たれた2013年が過ぎた後は

あまり目立った活躍はしていないルイージですが、

マリオキャラが登場する作品で

ルイージを見ないことはないくらいの活躍は続いています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

ルイージもいろんな経験をして

不動の人気を手に入れたんですね〜。

 

任天堂の新ハード、NintendoSwitchが発売されたということで、

ルイージの新たな活躍が期待されますね!

 

2017年夏頃発売予定の「スーパーマリオオデッセイ」では

まだルイージ関連の情報はありませんが、

「スーパーマリオギャラクシー」でルイージが活躍した

前例を考えると、もしかしたら出番があるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

筆者について

筆者:スーパールイージ

ゲームが大好きな青年。
物心ついたときにはルイージ派だった。
ゲーム内やSNSなどのハンドルネーム、自己紹介もルイージネタで埋め尽くすほどのルイージ好き。
とか言いながら一番好きなゲームはピクミンシリーズだったりする。
ルイージマンションは20周以上しているので安心してほしい(?)。

このサイトでは、筆者スーパールイージがルイージ関連のことや、その他興味を引かれたことについて語っていきます。

最近のコメント