MHXX×任天堂!マリオ、ルイージとモンハンのコラボクエストの歴史

スポンサーリンク

 

どうも、スーパールイージです!

 

2017年3月18日発売の
モンスターハンターシリーズ最新作、

「モンスターハンターダブルクロス」
(以下MHXX)

 

楽しみにしていた方も多いんじゃないでしょうか?

 

僕はモンスターハンター3rdから
モンスターハンターシリーズにハマり、
一度2ndGに逆行した後に
3G、4、4G、クロスと順当に嗜んでいます。

 

過去作「モンスターハンター4」
「モンスターハンター4G」
「モンスターハンタークロス」では
ルイージとコラボしていたんですよ。

 

なので、ルイージファンとしては
ルイージとのさらなるコラボがあるのか
気になるところですね。

 

 

モンスターハンターにはプレイヤーたちが呼ぶ
略称があり、「モンハン」「MH」などが主流です。

 

喋るときは「モンハン」、書くときは「MH」が
多いかなぁと思いますね。

この記事では「MH」の略称を使わせてもらいます。

 

スポンサーリンク

 

マリオ、ルイージとMHのコラボ!

「モンスターハンター」が初めて発売されたのは
プレイステーション2です。

 

プレイステーション2は
任天堂のハードではないので、
当時はマリオルイージとのコラボなど
想像できなかったのではないでしょうか。

 

 

MHシリーズの人気が高まり、
毎年のように新作が出る中、
初代MHから約7年の時を経て発売された
「モンスターハンター3G」。

 

MH3Gでは、普及の進んでいた任天堂のハード、
ニンテンドー3DSへの進出を始めました。

 

ニンテンドー3DSでの初めてのMHとなる
「モンスターハンター3G」では
マリオルイージとのコラボは
叶いませんでしたが、その次の作品
「モンスターハンター4」で
ついにコラボしました。

 

MHとマリオ、ルイージの初コラボ!

任天堂のハードで発売されたMH3Gでしたが、
まだ任天堂とコラボしていたわけでは
ありませんでした。

 

続くMH4でついに任天堂と
MHとのコラボが発表され、
任天堂ファン、MHファンが大いに湧きました。

 

マリオルイージはもちろん、
ゼルダの伝説どうぶつの森といった
任天堂の代表作がコラボしました。

 

マリオルイージとMHとの
コラボの内容、それは・・・

ハンターの狩りを手助けしてくれる
オトモアイルー用の装備が手に入る

というものです。

 

愛くるしいアイルーが
マリオルイージの格好をして
ハンターに付いてくる姿はたまらないですね(笑)

 

マリオ、ルイージとMH4とのコラボ装備の性能は?

MHシリーズはコラボが豊富で、
コスプレ装備なんかも多いんですが、

見た目重視で性能はイマイチ・・・

というものも少なくありません。

 

そうなると、マリオルイージ
オトモ装備の性能が気になりますよね?

 

気になる性能はというと・・・

 

 

終盤の手ごわいモンスターの素材で作られた、
一級品のオトモ装備に匹敵する性能です。

 

見た目も実用性も兼ね備えた
強力なオトモ装備ということなので、

さぞかし入手は難しいだろう・・・

と思いましたか?
 
実は、一級品のオトモ装備と比べると
それほど難しくないんです。

 

とは言え、装備の作成に必要なコラボ素材を
入手するためには、2頭の大型モンスター
同時に相手取る必要があるので
簡単とは言い難いですね。

 

 

MHではクエストをクリアすることで
素材やお金が手に入ります。

そうして手に入れた素材、お金を使って
装備を整えていくのが基本です。

 

コラボ素材も例外ではなく、
クエストをクリアして集めるというわけですね。

 

コラボ装備の入手難度は高い!?

先ほど2頭を同時に相手取らなければならない、
と言いましたが、マリオルイージ
コラボクエストは、ババコンガという
大猿のモンスター2頭を狩ることが
クリア条件です。

 

ババコンガは比較的序盤のモンスターなので
大したことはありません。

 

が。

 

 

コラボクエストで出てくるババコンガは
ハンターよりも小さい個体です。

 

なんだ、小さいなら楽勝じゃん♪

と思ってナメていると、
尻尾に付いている、赤地白い斑点のある
を食べ始めます。

 

そう、スーパーキノコです。

食べ終わるとなんと!

ミニサイズだったババコンガが
とんでもなく巨大化してしまいます!

 

そんなババコンガが2頭同時に
襲ってくるんですから、
簡単にはクリアできませんね。

 

 

マリオルイージ両方の
オトモ装備を揃えようとすると
コラボ素材が大量に必要になりますので、
コラボクエストを5回くらい
クリアしなければなりません。

 

クエストの難易度に見合うどころか
ブッ飛んだ性能を誇るので、
作る価値のあるコラボ装備ですよ♪

 

 

クエストの難易度には下位、上位の
2種類あるんですが、
マリオのコラボクエストは上位クエストです。

 

MH4の拡張版であるMH4Gでは、
下位、上位に加えてG級クエストという
更に高難易度のクエストが登場します。

 

残念ながらマリオたちとの
G級コラボクエストはありませんが、
前述のコラボ素材に加えて
G級のレアな虫素材を使うことで、
更に強力なコラボ装備を作ることができます。

必要な虫素材は過酷なフィールドでしか
取れないので、G級に入ってすぐには
作れませんが、G級版のコラボ装備も
一線級のシロモノです!

 

MHXでも引き続きマリオとコラボ!

MH4、MH4Gに続き、MHXでも
マリオルイージのオトモ装備を
作ることができます。

 

MHXでは、オトモアイルーから
1匹選んで、自分で操作できる
ニャンターというモードがあります。

MHXでのマリオとの
コラボクエストは、ニャンターで
ブランゴを20体狩る、というものです。

 

ブランゴというのは猿のモンスターです。
MH4に続いてまたもや猿です(笑)

ブランゴにはドドブランゴという
親玉がいて、上記のクエストにも出現しますが、
クエストクリア条件はあくまで
ブランゴ20体の討伐なので、
今回は大型モンスターを倒す必要はありません。

 

その代償か、MHXでのコラボ装備は
大幅に弱体化しました。

とはいえ、入手時期の割には
大して強くなくなった、というだけです。

 

と言いたいところですが。

本当に残念なことに、
残念な性能になってしまいました。

防御力が上位装備の中堅クラスにまで落ち、
耐性も弱体化しました。

 

 

MHには火、水、雷、氷、龍の5つの属性があって、
MH4の時のコラボ装備はその耐性が全てプラスだったんです。

MH4ではマリオ装備ルイージ装備には
見た目の差しかありませんでした。

 

MHXでは、マリオ装備とルイージ装備
差別化を図るためか、耐性に差がつけられました。

マリオのオトモ装備は火と龍属性に
プラス耐性で他は0となりました。

ルイージは氷と雷あたりが
プラス耐性なのかな?と思いきや・・・

 

驚愕の水と氷属性に対してマイナス耐性です。
しかも結構大きなマイナス。

これには全国のルイージファン
大ブーイングです。

逆にルイージらしい扱いで
いいじゃないかというファンも・・・(笑)

 

プラス耐性がつくマリオ装備はともかく、
マイナス耐性しかないルイージ装備
相当なルイージがなければ
使う気にもなりません。

も、もちろん僕のオトモはマリオブラザーズですよ?
まだ装備作ってないのはナイショ(笑)

 

 

MHXXではG級のコラボ装備が
出てくることが予想されますが、
使いやすい性能になってくれるでしょうか・・・(笑)

楽しみではありますが、
ちょっとコワいですね(笑)

 

MHXXではコラボ装備が高性能に!?

MHXXではマリオルイージとの
新たなコラボ装備はまだ確認できていませんが、

「コラボ装備着せたいけど性能がなぁ・・・」

というあなたの悩みを解決する
画期的なシステムが搭載されました。

 

性能が好みの防具見た目が好みの防具を合成し、
性能はそのままに見た目だけ変えることができる
新システム、防具合成

ハンター用の防具のみならず、
オトモ用防具も合成できちゃうんです。

 

もうおわかりでしょうか?

残念な性能だったルイージ装備の
見た目だけ使えるんです!

 

これは嬉しい!

しかも合成を解除することもできるので、
より性能が好みな防具が出てきたら
取り替えることもできちゃいます。

 

ハンターもオトモも、
見た目からビシッとキメて狩りに行けば
テンション上がって狩りが
もっと楽しくなりますね!

 

 

 

MHシリーズとマリオルイージとの
コラボの歴史、いかがでしたか?

 

満を時して登場したMH4では高性能、
拡張版のMH4Gでも高性能だった
マリオルイージのオトモ装備。

一方でMHXでは入手難易度が下がったためか
大幅な弱体化が施されてしまいました。

MHXXでは防具合成によって
見た目装備としての
活躍が期待できるようになりました。

 

いずれにせよ、キャラ愛があれば
使いたくなる馴染み深い
デザインであることは変わりません。

 

あなたも小さなマリオ
ルイージを連れて
一狩り行ってみませんか?

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

筆者について

筆者:スーパールイージ

ゲームが大好きな青年。
物心ついたときにはルイージ派だった。
ゲーム内やSNSなどのハンドルネーム、自己紹介もルイージネタで埋め尽くすほどのルイージ好き。
とか言いながら一番好きなゲームはピクミンシリーズだったりする。
ルイージマンションは20周以上しているので安心してほしい(?)。

このサイトでは、筆者スーパールイージがルイージ関連のことや、その他興味を引かれたことについて語っていきます。

最近のコメント